オフィシャルブログ
line
事業内容

外壁塗装

外壁塗装は見た目をオシャレ・キレイに見せるだけでなく、太陽の光や雨風などの自然現象から私たちを守ってくれています。

一般的に「(新築で)築10年以上経過した」頃に塗り替えの目途とされる方が多いですが、家族が増えた、中古物件を購入したなどで10年経たずに塗り替えられる方もいらっしゃいます。

色から耐久性までありとあらゆる塗料がございますので、そういった提案も弊社では行っています。

みなさまの住まいに、外壁のひび割れや塗装の剥がれはございませんか?気にになる症状を発見されましたらお気軽にお問い合わせください。

コメント

■意外と知られていない外壁塗装の必要性
汚れた住まいの外壁を塗り替えるのが外壁塗装。
と思われる方も多くいらっしゃいますし、もちろん間違いではありません。

では外壁塗装の本来の目的とは何でしょうか。
答えは風雨や紫外線などから、私たち安全な暮らしを維持してくれること。

もし、外壁にひび割れがあったり塗膜の剥がれが見られる場合は、塗装の機能が著しく低下しています。
この状態をそのままにしてしまうと、雨漏りへと発展してしまう可能性があります。
約10年を目安に塗り替え工事を行い、住まいの健康状態を維持しましょう。

▼このような症状はありませんか?
□ 外壁に触れると手に白い粉がつく
□ 外壁にひび割れがある
□ カビや錆、コケの発生
□ 剥がれやめくれがある など

このような症状があれば、まず間違いなく塗装効果が低下していると考えてよいでしょう。
大規模補修工事といった手遅れになる前に、まずは当社までご連絡ください。

■外壁塗装の流れ
①足場の組み立てと設置
塗装工事を行う前にまず足場を組み、全体にメッシュシートを掛けていきます。
メッシュシートを掛けることで塗料やホコリなどの飛散を防ぎます。

②高圧洗浄
外壁の汚れをキレイに落としていきます。
汚れが残ったままだと、塗装効果も軽減してしまいます。

③下地処理
塗装を施す前の作業。
この下地処理が塗装効果を長持ちさせるターニングポイントです。

④養生・マスキング
塗装を施さない部分をビニールで覆う作業。
仕上がりの美しさに差が出てくる重要な工程なので、資格を保有した職人が担当します。

⑤塗装
下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行います。
3回塗ることで強靭な塗膜ができ、耐久性が向上します。
(状況により工程回数が増える事があります。)

⑥確認・補修
全体を確認し補修箇所があれば行います。

⑦足場の解体
初日に組んだ足場とメッシュシートを撤去し、周囲の清掃を行います。